ブログトップ

Nao Kimura

kinafelt.exblog.jp

<   2011年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

その後のアリウム・シュベルティ

e0234516_13535642.jpg


以前書いたアリウム・シュベルティはしばらく放置していたら実の
ようなところがだんだんと大きくなっていることに気付きました。

只今3週間たちました。

このまま放置し続けると最後は実がはじけてタネがとれるのかな?と
そんな期待もちょっぴりもちながら見守っていこうと思ってます。

切花でも成長し続けるなんてすごい生命力です。
[PR]
by KINAFELT | 2011-06-27 14:05 | Comments(0)

ツバメの集合場所


私は自然があまり豊かとはいえない東京で育っているので
芦屋に住むようになって自然の楽しさ(怖さもですが・・)を知った
ような気がします。

以前私が住んでいたマンションは山の高いところにあって周りを
山に囲まれたようなとても静かな場所でした。

春には山桜が咲き、秋には紅葉が美しく東京から来た私には
少し大げさに言えば桃源郷のように思えました。
(残念なことに住むと桃源郷とばかりも言えなくなるのですが。)

芦屋では春になるとツバメの巣を日常的に目にします。
駅や店の軒先、駐車場・・・

私のよく行く近所のスーパーの駐車場にもそれこそ何十個という
ツバメの巣があってにぎやかに団体生活を送っています。

観察するのはとても面白くついつい今の時期は薄暗~い駐車場に
長居してしまいます。

さてそんな各地に散らばった沢山のツバメは巣から飛び立つと
どうなるかというと・・・

こんな感じでちゃんとある場所に集合するんですよ~


e0234516_10153696.jpg


(これはお借りした写真で夜の撮影なので少し不気味ですが・・・)


私の以前住んでいたマンションの前の電線も集合場所に指定されて
いるらしく毎年、日に日にツバメが集まってきます。

「どうしてここが集合場所だということがツバメにわかるんだろう?」

本当に不思議なことです。
コミュニュケーションの方法があることだけは確かなんですが・・・・
なんだか凄いですよね。


ある時、同じマンションに住む人とこの感動を共有したくて

「ツバメって凄いよね~、どうしてなんだろうね~」と話たところ

「えっ?ツバメなんていた?」

と言われ自然に足が3歩ぐらい引きました。笑



どうやら人間は興味のないものは認識しないという能力にたけた動物の
ようであります。




注)少し調べたところこういうつばめの状況を「つばめの集団ねぐら」
と呼ぶらしく各地にあるようです。
詳しいことはこちらのサイトで。
[PR]
by KINAFELT | 2011-06-23 10:09 | Comments(0)

夕霧草

e0234516_732817.jpg


今年は、夕霧草の花が沢山咲きそうです。

これはまだ蕾の状態ですが、咲くとふわっとあたりににじむような
佇まいがなんとも好みであります。

繊細そうなのに手間いらず、とても丈夫な花です。




学名 Trachelium caeruleum
別名
科名 キキョウ科
属名 トラケリウム属
園芸分類 一年草、多年草
原産地 ヨーロッパ南部
花期 6月~9月
用途 花壇、鉢植え、切花

あ、この花キキョウ科なんだ・・・知らなかったです。
[PR]
by KINAFELT | 2011-06-22 07:27 | Comments(0)

その後のフウセンカズラ

e0234516_1725447.jpg


以前ブログにも書いたフウセンカズラの苗が着々と育っています。

今は白い小さな花が沢山咲いています。

そしてなんともう早々に実になっているものもひとつ発見!

e0234516_17661.jpg


凄いです。これがあの空気がたっぷり入ったぷっくりした実になるわけですね・・・

夏が待ち遠しくなってきました。
[PR]
by KINAFELT | 2011-06-19 17:11 | Comments(0)

MY 帽子

e0234516_1261275.jpg


実は、私はブログは書くより読むほうがかなり得意です。

自分でいうのもなんですが、とてもまじめな読者だと思います。笑

決めたブログにはかなりまめに通い?ますし、その方の書かれたことに
ちゃんとうなづきながら読んだりもしています。

そんな行きつけの?ブログのひとつに吉野綾さんのブログがあります。

昨日読んだ綾さんのブログに帽子のことが書かれていたのでまねっこし
て私も自分の帽子のことを書いてみたくなりました。

この帽子は神戸三宮にある神戸堂さんという老舗の帽子屋さんがデザイン
管理して海外の職人さんが手仕事で一点一点制作しているものです。

その目の細かいことといったら。。。その技術の正確さといったら。。。
その適度なはりがあるしなやかさといったら。。
もう私からみたらすでに神業です。

美しい帽子はかぶらずともそばにあるだけで涼しさを運んできてくれます。

神戸堂に行くとジブリの映画にでてきそうなチャーミングな二人の老紳士
がていねいにでもお高くとまった感じも一切無く誠実に対応してくれます。
(時には帽子の深いお話を聞かせてくださいます。)

いつまでも街中にこんな隠れ家みたいな小さな帽子屋さんが何気なく
あり続けてほしいなって思います。


e0234516_1385827.jpg

[PR]
by KINAFELT | 2011-06-16 12:06 | Comments(0)

瓢箪木

e0234516_1082216.jpg


今日はこちらは雨降りです・・・

私のちっちゃな庭は今かなり緑が鬱蒼として少し手をいれなければ
ならない状態です。

私は野草が好きでいろいろ育てているのですが増えてあっちこっちに
出てくるので嬉しいような困ったような複雑な気持ちです。

すみれは特にすごいです。今にすみれで埋め尽くされてしまうかも。
そうだ、これはいつかまとめて苔玉作りをされているあの方に送ろうなどと
勝手に嫁入り先など想像してみたり。


そして今は上の写真の瓢箪木(ヒョウタンボク)の実が沢山!!

近くに寄ってみるとこんな感じです。

e0234516_10201388.jpg


なんとも可愛らしい実であります。


・・・・・が猛毒なんだそうです。別名「嫁殺し」(恐)

そういえば野鳥も絶対この実だけは食べないんですよね~



吸葛(すいかずら)科。
・学名 Lonicera morrowii
Lonicera : スイカズラ属
morrowii : 採集家「モロー」さんの
Lonicera(ロニセラ)は、
16世紀のドイツの16世紀の数学者、かつ
植物採集家の「Lonitzer さん」の名前を
ラテン語化した「Lonicerus」にちなむ。


・ひょうたんのような赤い実がおもしろい。
・4~5月頃、白い花が咲く。次第に黄色くなる。
・6月頃、赤い実がなる。隣同士が合着して
くっついたように見えることが多い。有毒。
・別名「金銀木(きんぎんぼく)」
[PR]
by KINAFELT | 2011-06-16 10:27 | Comments(0)

真味糖

e0234516_8112943.jpg


開運堂の真味糖をお土産でいただきました。

早速、お茶菓子としていただくと胡桃とはちみつのお味。

これもなかなか・・ムフフであります。
[PR]
by KINAFELT | 2011-06-14 08:23 | Comments(0)

tao

e0234516_9181112.gif


長野県の軽井沢に「tao」タオというインドネシアンアートの世界的
コレクターでもある稲葉京さんのコレクションを中心に扱うショップ
があります。
稲葉さんの2009に佐川美術館で行われた「楽吉左衛門×稲葉京展」
も大変興味深いものがありました。


軽井沢へ遊びに行っている時にこのお店を偶然知ったのですが、
それ以来、夏には必ず立ち寄る場所になりました。

稲葉さんのコレクションは私の家にも数点ありますがどれもあきることが
なく触れるごとに気持ちを和らげてくれるものばかりです。

e0234516_9383465.jpg


これは私の最初のコレクション。仏像の足の部分ですが子供の足なので
なにか愛おしいような気持ちになります。

その他、家具、雑貨、いろいろなものがありますがどれも共通するのは
温かみの中にも洗練された存在感と実際手にしたときのその触感の
素晴らしさです。

やはりどの物にも稲葉京さんの選んだ目を感じます。

残念ながらtaoは4月~11月までしか毎年営業しないのですが訪れる
たびに新鮮さがあり、どうしても行かずにはいられないお店です。


e0234516_1014766.jpg


これは私の愛用のお盆。。時を経て生み出されたチークの触感にいつも
ドキドキしています。ちょっと普通のお盆より重いのですがテーブルの
ない場所でお茶をする時にはしっかりしていて安心感があります。
[PR]
by KINAFELT | 2011-06-12 09:18 | Comments(0)

スウィーニー・トッド

e0234516_1015678.jpg


うちではたまに「マスコット大会」が開かれる。

だいたい30分ぐらいでそのあたりにある端切れを使って何かマスコットを
作るというのがそのルール。

もちろんダンナも參加する。彼はまったくアート系の職業ではないのだが
その出来栄えは別として嬉々として作っている。

変な家族である。

上の写真はそんな機会に作った私のスウィーニー・トッド人形。

やっぱり30分だと彼の悲しみが表現できてないな~と思う。



・・・とまじめに反省している自分が可笑しい。



注)
ちなみに人形のナイフの先から白い糸がでているのはそれを持って
引っ張ると手が動いて相手を怖がらせることができるからです。:笑




[PR]
by KINAFELT | 2011-06-11 10:16 | Comments(0)

招待状

e0234516_9332249.jpg


ベルギーのトリエンナーレが今日から始まります。

レセプションの招待状が届きましたが届いたのが一週間前ですし
当然エアチケットが同封されているわけでもないので行けません。

海外の場合「ちょっと行ってこよう!」という気軽さがないところ
が辛いところです。。。

このトリエンナーレは9月末まで開催されているのでできれば一度
見にいきたいとは思っているのですが・・

なんだか招待状はフランス語でかかれているので解読するのも大変
です。なんとか大臣が出席とか書かれているのできっと華やかな
パーティなんでしょうね。。。

美味しいものが食べられてお土産にベルギーチョコとかいただけるのかも
と勝手な妄想をふくらませて勝手に羨ましがる。
(実際行ってみるとやたら地味だったりする可能性も高いですが。)

しかし・・・そんな浮ついたことを考えているひまはないので
今日も地道に粒作りであります。

なんだかしみじみつぶやく私。

ベルギーチョコ。。。。
[PR]
by KINAFELT | 2011-06-09 10:02 | Comments(2)